• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 64
  • 公開日時 : 2017/01/12 10:00
  • 更新日時 : 2020/06/30 16:44
  • 印刷

パワーコンディショナの設置にはどのくらいのスペースが必要ですか?

回答

壁や他の設置物から最低限以下のスペースが必要です。詳細は施工マニュアルをご覧ください。
※記載しているスペースは、パワーコンディショナ本体外形からの必要スペースです。

また、複数台を設置する場合に必要なスペースはこちらのご質問をご覧ください。
 
【安全上のご注意】
  1. 設置及び配線作業を行う場合は、電気工事士の資格が必要です。
    経験を有しておらず専門の知識がない方は、作業を行わないでください。
  2. 保守 ・点検の作業は、本装置の保守・点検に習熟し内在する危険を理解されている方が行ってください。
 
 
 【単相 屋内仕様 KPKシリーズ】 単位:mm
形式 上側 下側 左側 右側 前方
KPK-A KPK-A30 / KPK-A40 / KPK-A55 150 300 50 120 700 *1
KPK2 KP30K2-A / KP40K2-A / KP55K2-A
KP40K2-P-A / KP55K2-P-A
KP30K2 / KP40K2 / KP55K2 / KP40K2-P / KP55K2-P
200 300 50 120 700
KPK KP30K / KP40K / KP55K / KP40K-P / KP55K-P
*1 ただし、中腰での作業が必要な高さに設置する場合は、前方スペースを850mm以上確保してください。

 
 
 【単相 屋外仕様マルチ入力 KPRシリーズ】 単位:mm
形式 上側 下側 左側 右側 前方 地面からの高さ
KPR-A KPR-A48-J4 / KPR-A56-J4
250
電線管(PF管)配線:400
隠ぺい配線/ダクト配線:322
30
30 700 500
KPR KP48R-J3-A / KP59R-J4-A
KP48R-J3 / KP59R-J4
300 300 150 150 700 1600
条件付きで500
下記*1参照
*1 下記条件をすべて満たす場合、 高さ500mm以上の位置への取り付けが可能です。
 (ただし、前方に850mm以上のスペースが必要になります)
 ・工事店様や施主様以外の人や子供が触れないような手段(ガードフェンスなど)を設けること
 ・冠水、冠雪、湿地や水溜りを避けて取り付けること
 ・雑草、ごみ、障害物により放熱や換気が妨げられないこと

 
 
【単相 屋外仕様 KPMシリーズ】 単位:mm
形式 上側 下側 左側 右側 前方 地面からの高さ
KPM2 KP44M2 / KP55M2
 KP44M2-J4 / KP55M2-J4
KP44M2-PJ4 / KP55M2-PJ4
KP44M2-SJ4 / KP55M2-SJ4
300 300 150 150 700 1600
条件付きで500
下記*1参照
KPM KP44M-A / KP55M-A
KP44M-J4-A / KP55M-J4-A
KP44M-PJ4-A / KP55M-PJ4-A
KP44M-SJ4 / KP55M-SJ4
KP44M / KP55M / KP44M-J4 / KP55M-J4
KP44M-PJ4 / KP55M-PJ4
*1 下記条件をすべて満たす場合、 高さ500mm以上の位置への取り付けが可能です。
 (ただし、前方に850mm以上のスペースが必要になります)
 ・工事店様や施主様以外の人や子供が触れないような手段(ガードフェンスなど)を設けること
 ・冠水、冠雪、湿地や水溜りを避けて取り付けること
 ・雑草、ごみ、障害物により放熱や換気が妨げられないこと

 
 
【単相 屋外仕様 KPWシリーズ】 単位:mm
形式 上側 下側 左側 右側 前方 地面からの高さ
KPW-A48-J4
KPW-A55-J4 / KPW-A55-SJ4
250 400 30 30 700 500
 
 
【単相 完全自家消費用 KPW-A-2シリーズ】 単位:mm
形式 上側 下側 左側 右側 前方 地面からの高さ
KPW-A55-2PJ4 / KPW-A55-2J4
KPW-A55-2SPJ4 / KPW-A55-2SJ4
250 400 30 30 700 500
 
 
【単相 屋外仕様 KPVシリーズ】 単位:mm
形式 上側 下側 左側 右側 前方 地面からの高さ
KPV-A55-J4 / KPV-A55-SJ4 250 250 30 30 700 250
 
 
【三相 屋外仕様 KPTシリーズ】 単位:mm
形式 上側 下側 左側 右側 前方
KPT-A99 / KPT-A100 / KPT-A123
KPT-A99-E / KPT-A100-E / KPT-A123-E
200 *1 500 *2 150 150 700
*1 上部側に熱源がある場合には、500mm以上の離隔を確保してください。間隔が狭いと冷却効果が低下します。
*2 工事店様や施主様以外の人や子供が触れないような手段(ガードフェンスなど)を設けてください。
  排気ファン交換時の作業性確保のため、下部離隔500mm以上を推奨します。
  下部離隔250mmでの設置も可能ですが、排気ファン交換時に本装置の取外しが必要となる場合があります。

 

【ご注意】
  • <KPRシリーズ、KPMシリーズ、KPWシリーズ、KPW-A-2シリーズ、KPVシリーズ>
    冠水、冠雪、湿地や水溜りを避けて取り付けてください。
    また、雑草、ごみ、障害物により放熱や換気が妨げられないようにしてください。
    下のスペースが確保された状態であっても、発熱物(エアコン室外機など)は置かないでください。
     
  • 各スペースは以下を考慮した距離です。
    <KPK-A、KPK2、KPK>
    上側:排気、下側:吸気/粉塵侵入防止、右側:停電用コンセントの接続や修理・交換など保守作業の作業性
    <KPR、KPM2、KPM>
    放熱、操作性
    <KPR-A、KPW、KPW-A-2、KPV>
    放熱性
    ※右側面に運転ランプがあります。右30mmのスペースが確保された状態であっても、壁などとの距離が30mmの場合では、
     運転ランプの視認性が悪化することがあります。ご注意ください。
    <KPT>
    上側:吸気、下側:排気・排気ファン交換時の作業性、前方:扉の開閉
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ページの先頭へ
ページの先頭へ