• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 65
  • 公開日時 : 2017/01/12 10:00
  • 更新日時 : 2022/06/24 16:41
  • 印刷

複数台のパワーコンディショナを左右または上下に設置する場合の条件を教えてください。

回答

パワーコンディショナとパワーコンディショナの間には、最低限以下のスペースが必要です。
詳細は施工マニュアルをご覧ください。
また、モニタリング機器を設置する場合や完全自家消費システム(KPW-A-2シリーズ)の場合は、こちらのご質問で必須事項などをご確認ください。
 
 
       【単相パワーコンディショナ】 単位:mm
シリーズ 形式 横に並べる場合 縦に並べる場合
(2台まで)
単相 屋内仕様
KPKシリーズ
KPK-A KPK-A30 / KPK-A40 / KPK-A55 120 非推奨
KPK2 KP30K2-A / KP40K2-A / KP55K2-A
KP40K2-P-A / KP55K2-P-A
KP30K2 / KP40K2 / KP55K2
KP40K2-P / KP55K2-P
KPK KP30K / KP40K / KP55K / KP40K-P / KP55K-P
単相 屋外仕様
マルチ入力
KPRシリーズ
KPR-A KPR-A56-J4 / KPR-A48-J4 30 電線管(PF管)配線:400
隠ぺい配線/ダクト配線:322
KPR KP48R-J3-A / KP59R-J4-A
KP48R-J3 / KP59R-J4
150 600
単相 屋外仕様
KPMシリーズ
KPM2 KP44M2 / KP55M2
KP44M2-J4 / KP55M2-J4
KP44M2-PJ4 / KP55M2-PJ4
KP44M2-SJ4 / KP55M2-SJ4
150 600
KPM KP44M-A / KP55M-A
KP44M-J4-A / KP55M-J4-A
KP44M-PJ4-A / KP55M-PJ4-A
KP44M-SJ4 / KP55M-SJ4
KP44M / KP55M / KP44M-J4 / KP55M-J4
KP44M-PJ4 / KP55M-PJ4
単相 屋外仕様
KPWシリーズ
KPW-A48-J4 / KPW-A55-J4 / KPW-A55-SJ4 30 400
単相 完全自家消費用
KPW-A-2シリーズ
KPW-A55-2PJ4 / KPW-A55-2SPJ4
KPW-A55-2J4 / KPW-A55-2SJ4
KPW-A55-2PJ4-M / KPW-A55-2J4-M
KPW-A55-2SPJ4-M / KPW-A55-2SJ4-M
30 400
単相 屋外仕様
KPVシリーズ
KPV-A55-J4 / KPV-A55-SJ4
30
400

横に並べる場合は台数に制限はありませんが、縦に並べる場合は上下2台までです。
ただし、KPKシリーズは縦に並べて設置しないでください。


<KPR、KPM2、KPMの場合>
縦に並べる場合で、上下のパワーコンディショナの定格容量が異なるときは、定格容量が低い方を上側としてください。
また、必須ではありませんが、上下2台の中央に遮蔽板(横幅900mm、奥行き300mm)を設置すると、
下側のパワーコンディショナの排熱の影響が緩和されます。
 
 
【三相パワーコンディショナ】 単位:mm
シリーズ 形式 横に
並べる場合
縦に
並べる場合
三相 屋外仕様
KPTシリーズ
KPT-A99 / KPT-A100 / KPT-A123
KPT-A99-E / KPT-A100-E / KPT-A123-E
150 500
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ページの先頭へ
ページの先頭へ