• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 9359
  • 公開日時 : 2020/07/08 17:29
  • 更新日時 : 2022/07/26 16:01
  • 印刷

ゲートウェイに接続できるパワーコンディショナを教えてください。

回答

以下のとおりです(2022年7月現在)

【太陽光発電システム:太陽光発電システム用ゲートウェイ】
<完全自家消費システムに接続する場合>
形式 KPK
 
KPM
KPR
KPW
KPW-A-2
KPV
KPT
KP-GWSC-A
KP-GWSC-A-1
KP-GWPV-A*
 
× × × × × ×
* 自家消費用ゲートウェイボックスに内蔵されている太陽光発電システム用ゲートウェイです。

<逆潮流あり太陽光発電システム(従来型)に接続する場合>
ゲートウェイの初期設定前に、パワーコンディショナの整定値「4.-102 485-1」(RS485 通信速度)を「115.2」に変更してください。
整定値の変更方法は、こちらのダウンロードサイトよりパワーコンディショナの施工マニュアルをダウンロードしてご覧ください。
※ダウンロードサイトのご利用にはユーザ登録が必要です。ユーザ登録方法はこちらのご質問をご覧ください。
形式 KPK
 
KPM
KPR
KPW
KPW-A-2
KPV
KPT
余剰買取:KP-GWSC-A
全量買取:KP-GWSC-A-1
KP-GWPV-A*
 
× × KPR
×
×
KPR-A
* 自家消費用ゲートウェイボックスに内蔵されている太陽光発電システム用ゲートウェイです。

【完全自家消費対応産業用蓄電システム:産業用蓄電ゲートウェイ】
【マルチ蓄電プラットフォーム:マルチ蓄電システム用ゲートウェイ】
形式 KPBP-B
KPBP-A
KP-GWBP-A

【フレキシブル蓄電システム:蓄電システム用ゲートウェイ】
形式 KPAC-B
KPAC-A
KP-GWBT-A
×*
* フレキシブル蓄電システムKPAC-Aシリーズは、専用のモニタリング機器リモートコントローラKP-RC1B-Rをお使いください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ページの先頭へ
ページの先頭へ