• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • 投稿日時 : 2019/07/19

パワーコンディショナなどの機能差一覧

~オムロン製パワーコンディショナや蓄電システムの機能差一覧~

以下の製品をご用意しておりますので、用途に合わせてお選びください。

 ソーラーパワーコンディショナ
 モニタリング機器
 蓄電システム
  • より詳細な製品情報やその他の製品についてはこちらをご覧ください。
  • カタログ、マニュアル、各種申請用資料はこちらよりダウンロードすることができます。
 

 ソーラーパワーコンディショナ 
・太陽光発電システム用のパワーコンディショナです。
 必要に応じてモニタリング機器昇圧ユニットなどの周辺機器を併用してお使いください。
 
以下表の「〇 形式-□」の記載は、その機能がある形式を指します。
例:KPM2で「-J4」を含む形式は接続箱機能あり
  該当形式 KP55M2-J4、KP55M2-PJ4、KP55M2-SJ4など
 
シリーズ 写真 出力制御 定格容量
(kW)
設置場所 重塩害
対応
接続箱
機能
マルチ
入力
自立出力 外部
入出力
単相
KPK
KPK-A 3.0
4.0
5.5
屋内
屋内設置
専用
× × ×
KPK2

形式-A

形式-P
KPK
×
単相
KPR
KPR-A 4.8
5.6
屋外 × ×
KPR

形式-A
4.8
5.9
単相
KPM
KPM2 4.4
5.5
屋外
形式-SJ4

形式-J4
×
形式-PJ4
KPM
形式-A
または-SJ4

形式-PJ4
単相
KPW
4.8
5.5
屋外
形式-SJ4
× ×
単相
完全自家消費用
KPW-A-2
〇* 5.5 屋外
形式-2S
×
形式PJ4
単相
KPV
5.5 屋外
形式-SJ4
× × ×
三相
KPT
9.9
10.0
12.375
屋外
別売品追加
×
形式-E
* 完全自家消費用から通常の太陽光発電システム用(従来型)に切り替えると出力制御対応になります。

△ページTOPに戻る
 

 モニタリング機器 
・太陽光発電システム用の表示器です。
・接続できるパワーコンディショナの形式は以下のご質問をご覧ください。
 ■ ゲートウェイ ■ エナジーインテリジェントゲートウェイ ■ 操作表示ユニット
 
製品名 シリーズ 写真 出力
制御
設置
場所
対応
買取方式
パワコン
接続台数
パワコン
運転切替
HEMS
接続
遠隔
モニタ
リング
履歴
表示
自家消費用
ゲートウェイ
ボックス*
KP-GWSC-A <自家消費型>
-
屋内外 <自家消費型>
-
最大12台
ボックス内の
ゲートウェイ
を操作

遠隔
モニタリング
を利用
<従来型>
<従来型>
余剰
エナジー
インテリジェント
ゲートウェイ
KP-MU1P   屋内 余剰/全量 最大6台
(余剰:20kWまで)
×
KP-MU1F   屋内
(屋外ボックス
セットあり)
全量 最大12台 ×
操作表示
ユニット
KP-SW1 × 屋内
発電電力の
表示のみ
最大5台 × × ×
カラー表示器
KP-CM2   × 屋内 余剰 最大5台かつ
20kWまで
× × ×
KP-CM2F   全量 最大12台
* 完全自家消費システム(自家消費型)と通常の太陽光発電システム(従来型)いずれにも対応可能です。

△ページTOPに戻る
 

 蓄電システム 
・SII補助金申請用のパッケージ型番はこちらをご覧ください。
・各蓄電システムの違いは、こちらのご質問を参考にしてください。
 
以下表の「〇 形式-□」の記載は、その機能がある形式を指します。
例:KP55Sで「-SHY」を含む形式は重塩害対応タイプ
  該当形式 KP55S3-SHY-3A、KP55S3-SHY-4Aなど
 
製品名 シリーズ 写真 パワコン
種類
出力制御 パワコン
定格容量
(kW)
蓄電容量
(kWh)
重塩害
対応
HEMS
接続
遠隔
モニタ
リング
マルチ蓄電
プラット
フォーム
KPBP-A 蓄電専用
または
ハイブリッド
(太陽光発電
+蓄電)

※システム構成
により機能が変化
蓄電専用
5.9
(力率1.0)

ハイブリッド
5.6
(力率0.95)

16.4

形式-S

9.8

6.5
ハイブリッド
蓄電
システム
KP55S  
 
ハイブリッド
(太陽光発電
+蓄電)
5.5
6.5

形式-SHY
×
KP48S2
4.8
6.4

形式-SHY
×
フレキシブル
蓄電
システム
KPAC-B   蓄電専用
発電なし
2.5
4.2

形式-S
KPAC-A
(6.5kWh)
  蓄電専用
発電なし
2.5
6.5

形式-S
×
KPAC-A
(9.8kWh)
4.0
9.8
×

△ページTOPに戻る
 
ページの先頭へ
ページの先頭へ